そもそもeスポーツがわからないんだけど・・・

そもそもeスポーツがわからないんだけど・・・

最近よく耳にするeスポーツ。聞いたことはあるけど詳しくは知らないって人が大半だと思います。

ライブステップはeスポーツとして取り組んでいるからこそ、カジノであっても違法性がありません

そのeスポーツが何なのかがわからないと信頼度も低いと思いますので、こちらで説明しましょう。

正直な話、僕もそこまで理解しきれていないので調べて勉強したいと思います(笑)

ライブステップのHP

「eスポーツ(esports)」とは?

eスポーツとは、“エレクトロニック・スポーツ(Electronic Sports)”の略です。ビデオゲームを使った対戦をスポーツ競技として捉える際の名称なんです。

電子機器を使う娯楽や競技、スポーツなどのことを指します。

近年ではこのビデオゲームを使った対戦をスポーツ競技として捉える「eスポーツ」が世界中で大盛り上がりなんです。

海外では大規模な大会もありますし、1万人を超える観客が大きな会場を埋めつくす程プロスポーツ大会くらい人気があります。

それくらい世界では確率された立ち位置のeスポーツなので、安心してプレイすることが出来ます。

eスポーツの市場規模

eスポーツ市場は世界で爆発的に拡大しており、オランダの調査会社によると2018年には世界全体で約1000億円にまで達しているそうです。2021年には1800億円超に達するとされている程上場市場となっています。

更にはアメリカの証券会社ゴールドマン・サックスによる報告書では、2022年に3000億円超に達するともされているそうです。規模が大きすぎてもう想像出来ないレベルではありますけど、間違いなくそれだけ支持されているということだと思います。

今それだけ世界中で注目を浴びていて、市場規模も急速に拡大しているということは、ゲームは世界中でそれほどまでに重要視されているということです。

今ではゲームという存在がただの遊びだけでは終わらないということがわかっていただけましたか?

国内外で進むリアルスポーツのeスポーツ化

eスポーツはリアルスポーツ化しています。近年の日本国内における特徴の一つと言えるそうです。

例えばJリーグがサッカーゲームを用いたeスポーツ大会「eJ.LEAGUE」の開催をしたり、日本野球機構(NPB)が「eBASEBALL パワプロ・プロリーグ」を開催したりしているというところがわかりやすいところでしょう。

ここまで大きい退会だと知っている人も多いと思います。

eスポーツ版ワールドカップのように、世界でもリアルスポーツのeスポーツ化もとても進んでいるそうです。「eJ.LEAGUE」の優勝者は、国際サッカー連盟(FIFA)が主催する公式eスポーツ大会「FIFA eWorld Cup 2018」の世界予選への参加権が与えられます。もうリアルとバーチャルの差があまりないように感じます。

有名な「eドラフト会議」は、あの品川プリンスホテルで開催されており、プロ野球のドラフト会議を彷彿とさせるほどの盛り上がりです。ちなみに実際のプロ野球のドラフト会議も同会場にて実施されています。

これほどまでに大盛り上がりのeスポーツですから、安定・安心は間違いありません。

ライブステップのHP TOPページを見る